Event is FINISHED

【オンライン開催!無料!耳だけ参加OK!】「社員が働き方を決める時代へ 〜AIG・カルビー・富士通の3社の転勤事例から紐解く〜」

Description
NPO法人ファザーリング・ジャパンのイクボスプロジェクトでは、これまでイクボス企業同盟を設立し、企業のダイバーシティ経営の推進や働き方改革に伴う職場づくりにおいて、特に影響力のある管理職に対して、新しい理想の上司像として「イクボス」への意識変革を同盟企業と一緒に啓発して参りました。現在は230社になります。引き続き、続々加盟予定です。
https://ikuboss.com


今回は、同盟企業内の勉強会を対外向けに一部実施することになり、「社員が働き方を決める時代へ 〜AIG・カルビー・富士通の3社の転勤事例から紐解く〜」のオンラインイベントを開催します。

新型コロナウイルスの猛威により、企業は強制的に在宅ワークへシフトをせざる得ない状況に陥り、一時のピークを過ぎすると、元の働き方に戻る会社が多く見受けられるようになりました。

一方で、在宅勤務を標準とし新しい働き方にシフトする企業が出てきました。その代表例がカルビー、富士通ではないでしょうか。同時に転勤や単身赴任についても、テレワークと出張で対応可能であれば取りやめ、自宅勤務に切り替えがスタートしています。

また、A I G損害保険では、コロナ禍の前から本人が希望しない「全国転勤」を廃止する制度を導入し、新卒応募が10倍に増えた成果をあげてます。


当日は、ダイバーシティ経営を実現するための阻害要因の一つである転勤問題を研究している法政大学の武石教授より、現状と課題・最近のトピックをお伝えいただきます。

また、先進企業としてA I G・カルビー・富士通の各社様から事例共有いただきます。パネルディスカッションでは、理事の川島のモデレートのもと「そうは言っても弊害もあったのでは?デメリットは?生産性を落とさない秘訣は?今後の展望や課題は?など」と具体的に議論していきます。

働く人の仕事や場所を決める主体は「組織」なのか「社員」なのか、皆さんと考えていきます。ぜひ、この機会にオンライン上でご視聴ください。


■実施概要
日 時 : 9月9日(水)14:00-15:30
形 式 : オンラインZoomウェビナー、もしくはYouTube Live配信
料 金 : 無料
人 数 : 200名
対 象 : 人事・ダイバーシティ担当者、経営者、本テーマに関心のある方
チケット: オンライン(LIVE)配信チケット、アーカイブ(録画)視聴チケット(※9月末まで視聴可能)


■アジェンダ
※内容に変更がある場合があります。
・講義「(仮)アフターコロナの転勤のあり方」
 ―法政大学キャリアデザイン学部 武石 恵美子教授
・企業事例発表「在宅ワークと転勤制度」
 ―A I Gジャパン・ホールディングス株式会社 宇田 直人氏
 ―カルビー株式会社 石井 信江氏
 ―富士通株式会社 猪田 昌平
・パネルディスカッション&質疑応答「社員が働き方を決める時代へ」
 ―登壇者&ファシリテーター 川島高之氏



■登壇講師プロフィール


宇田 直人氏
AIG ジャパン・ホールディングス株式会社
執行役員 兼 チーフ・ヒューマンリソース・オフィサー

2019年9月よりAIGの日本地域担当人事責任者を務めます。事業会社であるAIG損害保険株式会社およびアメリカンホーム医療・損害保険株式会社、保険以外の関連事業各社を含むAIGジャパン・グループ各社の人事部門を統括します。また、AIGジャパン・ホールディングス株式会社のマネジメントコミッティメンバーであり、AIG損害保険株式会社、AIGハーモニー株式会社の非常勤取締役でもあります。

キャリア開始から一貫して人事に携わってきました。その経験から得た深く、かつ広範な知見を職務に生かします。AIG入社まで、日本の UBSグループに約20年間在籍し、2004年に共同人事部長に就任した後、2007年から人事部長、また、2017年からはUBSグループにおけるダイバーシティ&インクルージョンのアジア太平洋地域の責任者も務めました。UBS在籍中は人事分野のあらゆる領域の業務を担当し、変化と変革の時期における人事部門の統括に手腕を発揮しました。富士通人事部でキャリアをスタートし、新卒採用業務、海外営業部門の人事ゼネラリストなどの任を担いました。また、富士通による英国企業買収に伴い、人事のリエゾン役兼トレーニーとしてロンドンに2年間駐在しました。英国、ベトナムでの研究開発センターの立ち上げに関わり、香港・シンガポールでの統合プロジェクトに関わった経験もあります。



石井 信江氏
カルビー株式会社
D&I・スマートワーク推進室長

1999年 入社 営業、営業支援を経て、2008年経営企画部門へ異動
2010年 経営企画課課長 本社オフィス移転プロジェクト参加。
2014年 経営企画・IR部部長
2016年 ヘルスケア委員会委員長兼CHO
2018年 ダイバーシティ委員会委員長(現職)
(組織改称により、2019年ダイバーシティ推進室長、2020年D&I・スマートワーク推進室長)



猪田 昌平氏
富士通株式会社 
総務・人事本部 GHR推進部 マネージャー

2008年に富士通に入社し、人材採用センターにて理工系学生の新卒採用担当として従事。
本社人事に異動後は、管理職・役員の報酬・賞与全般を担当。その後は人材育成の担当として、タレントレビュープロセスのグローバル共通化、社外のアセスメントを活用した優秀人材の早期育成スキームの構築等、幅広い業務を担当。
2016年からの約3年間は、オーストラリア(シドニー)に人事駐在員として滞在。シドニーでは現地社員の人材育成スキームの構築やITツールを用いた人事情報のDashboardの作成に加え、Oceania地域のさらなる収益強化に向けた構造改革プロジェクトにも参画。
日本に帰国後はグループ会社の海外拠点(ドイツ、台湾)立ち上げサポートを担当し、今年4月より現職。



武石 恵美子氏
法政大学キャリアデザイン学部教授
専門:人的資源管理論、女性労働論

筑波大学第二学群人間学類卒業後、労働省(現 厚生労働省)、ニッセイ基礎研究所、東京大学社会科学研究所助教授等を経て、2006年4月より法政大学。2001年お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程修了。博士(社会科学)。

主な著書に、『男性の育児休業』(共著、中公新書)、『雇用システムと女性のキャリア』(勁草書房)、『女性の働きかた』(編著、ミネルヴァ書房)、『職場のワーク・ライフ・バランス』(共著、日経文庫)、『国際比較の視点から日本のワーク・ライフ・バランスを考える』(編著、ミネルヴァ書房)、『ワーク・ライフ・バランス支援の課題』(共編著、東京大学出版会)、『キャリア開発論』(中央経済社)、『ダイバーシティ経営と人材活用』(共編著、東京大学出版会)、など多数。

その他、厚生労働省「労働政策審議会 障害者雇用分科会」「労働政策審議会 雇用環境・均等分科会」「労働政策審議会 人材開発分科会」、経済産業省「新ダイバーシティ経営企業100選運営委員会」等の公職を務める。



川島 高之氏
N P Oファザーリング・ジャパン 理事
ライフシフトジャパン株式会社 取締役副会長

1987年に慶応大学卒、三井物産(株)入社、2012年に上場会社の社長就任、「イクボス式」経 営により3年間で利益8割増、株価2倍、残業1/4、社員満足度調査も過去最高に。
2016年フリーランサーに。NPOファザーリング・ジャパン理事、NPOコヂカラ・ニッポン代表、 内閣府・男女共同参画委員、文科省・学校業務改善アドバイザーなどを歴任。 子育てや家事(Life)、会社社長や商社勤務(Work)、PTA会長やNPO代表(Social)という3つの経験を融合させた講演が年300回。
「元祖イクボス」としてNHK「クローズアップ現代」で特集され、AERA「日本を突破する100人」にも選出。著書「いつまでも会社があると思うなよ」(PHP研究所)、「職場のムダ取り教科書」(ソシム)


■個人情報について
お申込時にご入力いただいた個人情報については、イベント主催であるNPO法人ファザーリング・ジャパン及び、peatixがそれぞれの個人情報取扱い規程にもとづき管理させていただきます。尚、ファザーリング・ジャパンでは、イベントやサービスのご案内のみに利用させていただきます。
https://fathering.jp/privacy.html


■イクボス企業同盟やメディア等のお問い合わせについて
イクボス企業同盟の加盟や講演・研修依頼、メディア等の取材に関するお問い合わせは、担当の小田桐までご連絡ください。
m.odagiri@kodikara.org
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#710356 2020-08-24 21:26:31
Wed Sep 9, 2020
2:00 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンライン(LIVE)配信チケット FULL
アーカイブ(録画)視聴チケット FULL
Organizer
NPO法人ファザーリング・ジャパン
1,120 Followers
Attendees
471

[PR] Recommended information